Skip to content

妊娠したい女性にとっても大切な成分として、葉酸があります。ビタミンB群のうちのひとつであり、ほうれん草より最初抽出されたことをきっかけに、このネーミングとなったものです。この成分を含む食材は、ほうれん草だけではありません。からし菜やアスパラガス、ブロッコリーやカリフラワー、春菊などの野菜類にも豊富に含まれています。フルーツでは夏みかんやイチゴにも多いですし、そら豆や日本かぼちゃ、さつまいもや納豆などにも、たくさん含まれている栄養成分です。妊娠を希望するのであれば、日常の食事からも摂りながら、1日に400μgほどの量をサプリメントなどで摂取するのが望ましいと、厚生労働省よりも勧められているものです。野菜を毎日350g食べることはできても、食品から十分な葉酸の量を摂取できるかは、少し難しい部分もあります。葉酸は、熱を加えることに、とても弱いという特徴を持っています。加熱調理などでは、50%くらいは分解してしまいます。そのため、加熱などの調理も必要ない、成分をそのまま摂取できる、サプリメントタイプでの摂取が薦められているのです。妊婦さんにも必要であり、妊娠前から摂取しておきたい葉酸は、神経管閉鎖障害等の先天性異常の赤ちゃんを出産することを、減らすためのものでもあります。健康で元気な赤ちゃんを生むためにも、安全に妊娠するにはとても必要な成分です。神経管閉鎖障害というのは、生まれてくる赤ちゃんの、脊柱や脳のもととなっている、神経管形成に、何かしらの問題を抱えてしまうことです。生まれてくる赤ちゃんの血液をつくったり、健康に発育するためにも、重要な働きをする成分です。この成分が足りなくなると、貧血も起こしやすくなります。過剰に摂取すればよいというものでもありません。1日に摂取するにしても、1000μgを上限としています。そのため、赤ちゃんとためといっても、過剰摂取しないで、適度な摂取量を守っていくことも大切です。安心な妊娠をするためにも、適量を摂取していきましょう。まずは毎日の食生活において、野菜などの新鮮な食材から、必要な栄養成分を摂取するように心がけましょう。葉野菜に豊富に含まれますから、ほうれん草なども食卓に並べるとよいでしょう。効率よく栄養成分を摂取するためには、ポイントがあります。購入してきた野菜は、フレッシュなうちに食べることです。加熱調理をするのであれば、スープなどで、栄養成分をまるごと摂取できるような調理がよいでしょう。

6月 11, 2015 / admin